サービス内容

解析技術サービス

環境水理解析

技術紹介

ダム貯水池、湖沼における水理・水質解析
ダム貯水池や湖沼では、出水後の濁水の長期化により下流河川環境に影響を及ぼします。
また、流入した窒素、リンなどの栄養塩が各種作用により生産、貯留・蓄積され、植物プランクトン(藻類)が異常発生し、水の華(アオコ)※ や淡水赤潮が発生します。
このような汚濁メカニズムを解明するために一方向多層モデル(鉛直2次元モデル)や3次元モデルを用いて、ダム貯水池や湖沼の水理と水質の解析を行います。
更に、濁水低減対策(選択取水設備、濁水対策フェンス等)および水質改善対策(曝気循環施設等)の検討を行います。

※水の華(アオコ)
湖や池などで、春から夏の高温時に植物性プランクトンなどが繁茂して水の色を変える現象。
河川および河口における流動・水質解析
河口部では、潮汐流・河川流等の複数の外力が作用し、更に鉛直方向に密度流が発生する複雑な流動場が形成されています。
このような複雑な現象を対象に数値解析を行い、塩水遡上影響の検討、汽水域の環境変化による生物への影響の検討などを行います。
沿岸地域における流動・水質解析
東京湾、大阪湾、伊勢湾など閉鎖性の強い湾では、水質汚染を惹起させる原因として栄養塩の陸域からの負荷、内部生産、底泥からの栄養塩の溶出などが挙げられます。
これらの現象を3次元低次生態系モデルを用いて数値解析を行い、青潮、赤潮などの現象を再現し、その対策に対する検討を行います。
更に、水質と底質の相互作用を考慮したモデルを用いることにより、負荷量の削減による長期的な水質と底質の改善効果などの予測が可能です。

当社の環境水理解析の強み

  • ダム貯水池内の鉛直2次元流動解析および水質解析、3次元流動解析および水質解析、水質改善効果の検討。
  • 感潮河川、沿岸域における3次元流動解析および水質解析。
  • 底泥における栄養塩や溶存酸素の変化や栄養塩の溶出を考慮した低次生態系モデルによる水質解析。
  • 自社の解析プログラムを所有し、検討内容に応じて柔軟なカスタマイズが可能。

事例紹介

実績紹介

詳細はこちら

ダム・河川関連業務
・ダム湖3次元水質解析業務
・ダム濁水対策効果検討業務
・ダム水質保全計画検討業務
・河口塩水遡上3次元解析業務
・河口導水堤に関わる環境影響評価業務  他
沿岸海域関連業務
・河川前面海域における3次元流況解析業務
・湾の青潮再現及び対策案検討業務
・湾の流動・水質再現事業
・湾における負荷量削減による水質改善効果の検討
・沿岸海域における濁り拡散の検討業務  他


PAGETOP