サービス内容

解析技術サービス

氾濫解析

技術紹介

氾濫シミュレーション
河川、海、ダム・ため池などの氾濫現象としては、以下のようなものがあり、ありとあらゆる氾濫に対応が可能です。

①河川:洪水氾濫、土砂氾濫
②海:津波氾濫、高潮氾濫
③ダム・ため池:堤防決壊氾濫

また、実現象を正確に捉えるため、下水道などの地下施設や貯留施設を考慮したモデル、中小河川など、降雨発生時から河川流量への応答速度の速い河川に対応した降雨からの氾濫シミュレーションのようなニーズに合わせたカスタマイズを可能としています。

平成25年改訂版の「洪水ハザードマップ作成の手引き」、「浸水想定区域図作成マニュアル(改訂版)平成26年3月」に基づく空隙率・透過率などを考慮した氾濫シミュレーションの高度化に対応しています。
ハザードマップの作成
現在、自治体において、災害に対しての地域住民の意識向上及び、避難や施設設備検討のため、各種ハザードマップの作成が進められています。
洪水や津波などのシミュレーションを基に、GISとの連携により、各種ハザードマップを作成します。
防災
数値シミュレーションを基にしたハザードマップ作成をはじめとし、様々な災害にあわせて幅広い対応が可能です。

当社の氾濫解析の強み

  • 洪水氾濫、内水氾濫、土砂氾濫、津波氾濫、高潮氾濫など、河川・海岸の自然災害による各種氾濫解析。
  • GIS技術を活用した迅速なモデル構築。
  • 自社の解析プログラムを持ち検討内容に応じて柔軟なカスタマイズ。

事例紹介

実績紹介

詳細はこちら

氾濫シミュレーション関連
・中小河川都市型氾濫シミュレーションの実施
・津波氾濫シミュレーションの実施
・ため池決壊による氾濫シミュレーションの実施  等
ハザードマップ作成関連
・市町村洪水ハザードマップ作成
・市町村津波ハザードマップ作成
・浸水氾濫アニメ―ションCG作成
防災関連
・津波防災啓発ソフト作成
・河川通報水位・警戒水位・危険水位などの策定  他
その他
・GISによる避難情報整理
・洪水氾濫に伴う被害額、B/C算出
・津波防災施設投資効果の検討  他


PAGETOP